助成:横浜市地域文化サポート事業・ヨコハマアートサイト2020に採択されました。

 

 


展示の絵

9月19日(土)、20日(日)は会場のやまのうえにてこちら(展示の絵)をプリントした絵をお配りいたします。

上から自由に彩色してください。その場でも描けます。

みなさんに描いていただいた絵は11月3日(火)同会場に展示いたします。

9/12 8月に保存修復を終えた絵は美的修復の段階へ進みます。

絵の具の欠損部にgesso(ボローニャ石膏+ウサギ)を充填します。

これを乾かして、彫刻のように周辺の凹凸に合うように成形します。

(写真の白い箇所)

8/29 木枠へ張り戻し 表打ち除去 

8/12 裏打ち

8/11 減圧による絵具層の固着強化

8/8 絵の平滑化 / 裏打ち布の準備(2回目)

8/7 木枠外し / 耳伸ばし / 表打ち / 木枠掃除 / 裏面掃除

8/1 剥離止め / クリーニング / 平滑化用クラフト紙カット

7/25 やまのうえ 展示風景

みんなで絵を見ようよ!! Art Thinking

未来に繋ごう、皆んなの!!横浜の!!歴史・文化・芸術!! 〜朽ちていく、再生、修復〜

今ここにある絵は、過去にどんな物語があったのだろうか!?

これから、どんな未来があるのだろうか!?

 

展示の絵 ←クリック!!

9月19日、20日は会場のやまのうえにてこちら(展示の絵)をプリントした絵をお配りいたします。

上から自由に彩色してください。その場でも描けます。

みなさんに描いていただいた絵は11月3日(火)同会場に展示いたします。

 

・壊れてしまっている絵はそのまま飾られ、劣化が進み、絵の具は剥げ落ち、そのまま朽ちていくのか?

・芸術家の元で、新たな絵を加えられ、違う絵として飾られるのか?

・はたまた、修復家の元で処置が施され、甦るのか?

 

正しい方法はあるのか?? みんなで考えてみませんか!?

 

"体験" "体現" 型 プロジェクト!!

 

会場:やまのうえ http://favoris.co.jp/yamanoue/

元写真館をリノベーション、再生して維持されているギャラリー&カフェ

横浜市中区山元町1-7